HOMEトヨタ車体蓼科山荘の日記ページへようこそ!
 [2012年10月16日(火)] 横谷観音 
横谷展望台からは王滝を展望できます。
王滝は半日村。日陰になってしまっていたので、写真はまたの機会に。

横谷観音で一番の見頃の木。艶やかです。
ときおり風に乗って白樺の葉がはらはら舞い、また良い感じ。

 [2012年10月16日(火)] 横谷観音 
お馴染み紅葉スポット 横谷観音
山荘〜約4.6辧ー動車でおよそ15分弱。駐車場より徒歩5分程度。

平日なのに賑わっていましたよ。さすが紅葉シーズン。
お昼くらいに出かけたので、あずまややベンチではお弁当を食べる人で満席。
秋空の下、紅葉を見ながらお弁当。美味しいですよね。

 [2012年10月11日(木)] 山荘 
ここの所、秋晴れの良いお天気が続いています。
紅葉ラインが山から徐々に下りてきました。写真は10月10日
ロータリーのドウダンツツジは見頃ですが、中庭の紅葉はまだ青葉です。

11日17時の外気温14℃。今日は夕焼けがとてもきれいです。
…写真は… 撮れませんでした… スミマセン

 [2012年10月9日(火)] 美ヶ原 
美しの塔から歩くこと40分で王ヶ頭に着きます。王ヶ頭から南東の崖をのぞみます。
崖の上にでるアルプス展望コースを通るとこの岩の上に立てます。
美ヶ原は牧草地の為派手な紅葉ではありませんが、カラマツ、レンゲツツジ、サラサドウダン 、白樺の自然な色合いはなんとも言えません。
王ヶ頭から歩くこと20分。王ヶ鼻からは、北アルプスを奥に松本の市街。下に紅葉する山々が一望できます。唐松の紅葉は10月下旬くらいが良さそうです。トレッキングのお好きな方は是非お出かけください。

 [2012年10月09(火)] 美ヶ原 
山荘から ビーナスライン経由 約50km およそ1時間50分弱。美ヶ原高原です。

抜けるような青い空。色づく木々。
秋のドライブは気持ちが良いですね。
山本小屋に車を置き、遊歩道(砂利道)を歩くこと約10分。美しの塔です。
左手には王ヶ頭・テレビの中継塔がニョキニョキはえています。
3連休後のせいか観光者も多くはなく、歩きやすかったです。

 [2012年10月08日(月)] 八千穂高原 
日本一美しい白樺群生地として知られております八千穂高原。
山荘より R299経由 約26km およそ1時間弱。

八千穂レイク管理釣り場から見る白樺林です。紅葉も進み、葉が大分黄色くなっていました。
湖の桟橋は全部埋まり、多くの釣り人が竿を投げていました。フライフィシング・ルアー釣り、レインボートラウト・岩魚が釣れるそうです。
毛ばりを遠くまで投げる姿に見とれ、美しい白樺林に見とれるひと時でした。

 [2012年10月08日(月)] 白駒池 駐車場 
大変な渋滞。
白駒の池が一年で一番賑わう紅葉シーズン。一番の見頃であろう体育の日の3連休。麦草ヒュッテ・近くの空き地と言う空き地はすでに満車。
駐車場へはいつ入れることやら…ピークの土日は7:00AMには駐車場に着くようお出かけいただいたほうがよさそうです。
いきなり寒くなりすぎなりすぎなければ、今週末まで紅葉は見られそうです。

 [2012年10月04日(木)] 晴天は午前中だけでした… 
写真をアップで。
右側手前阿弥陀岳(2,805m) 左側奥赤岳(2,899m)針葉樹の緑と黄色に染まる広葉樹。山肌のきれいなこと。
この感じだと白駒の池も見頃だろうなぁ〜。

本日チェックインのお客様からの紅葉情報です。
駒ケ岳 ピークかな。
乗鞍 最高。

 [2012年10月04日(木)] 本日は晴天なり 
出勤時、車を停めずにはいられませんでした。

この八ヶ岳の美しさ。

紅葉が始まったんだなぁ〜

 [2012年10月02日(火)] 南木曽 桃介橋 
桃介橋 全長247m・幅2.7mの日本最大級の木製吊り橋。
「日本の電力王」「名古屋発展の父」と呼ばれた福沢桃介が、木曽川の水力発電開発で読書発電所の建設時、資材の運搬路として架けた橋。1922年完成。1993年復元。1994年 近代化遺産「読書発電所施設」の一部として国の重要文化財に指定される。 自動車は通行できませんが、木製ながら頑丈そうな橋です。

桃介の生き方自体に興味がわいてきました。福沢諭吉の婿養子。日本初の女優」川上貞奴とのロマンスを窺いたい方は資料館へもお出かけください。
木曽観光をする方はほんの少し寄り道いただいて面白いですよ。

 [2012年10月02日(火)] 南木曽 桃介橋 
映画「キツツキと雨」2012年2月公開 (主演:役所広司) のロケ地になったことからか、木曽に訪れる人が増えているそうです。
観光雑誌で、信州遺産とめぐる紅葉特集ページを見て、「立派なつり橋。この橋を渡りたい!」とでかけてきました。
桃介橋 南木曽町 読書 天白公園駐車場近く。
飯田山本IC〜R153〜R256〜R19経由 およそ55Km 車で約1時間強/(中津川IC〜R19 およそ24km)

 [2012年09月22日(土)] 赤そば 
9月21日グルメ会でご宿泊いただいたお客様からメールが届きました。

「帰路 箕輪の赤そばの里へ行きました。もう満開でこれからまだまだ赤くなっていくそうです。…今月いっぱいくらいかな?」

赤そばの里 箕輪町上古田 伊北IC〜 約5km 自動車で15分弱。
29日30日には赤そば花祭りが行われます。
見頃は10月中旬位まで。4.2haの赤そばの絨毯。どうぞおでかけください。

 [2012年09月27日(木)] 山荘 16:40 
山荘のドウダンツツジをお見せしましょう。
夕暮れ時なのであまり明るく感じませんが、今年も良い色になりそうです。

チェックインを済ませたお客様が、ビニール袋を片手に林の中を歩いています。

「収穫はいかがですか〜?」 栗にどんぐり。
「思ったよりたくさん拾えたわ。」満足そうな笑顔が見えました。

 [2012年09月26日(水)] 高ボッチ高原 
アルプス連峰パノラマ展望台に車を置き、反対側へ歩くこと400m高ボッチ山頂からの風景です。
左手に八ヶ岳。右手に南アルプス。諏訪湖の奥には富士山も見えました。
それにしても、すごいススキ野原です。それも一見。

丁度お昼の時間帯。山頂でおにぎり、お弁当を食べている組が3組。
あぁ〜 お腹すいた。塩尻で葡萄狩りでもして帰りましょ。

 [2012年09月26日(水)] 高ボッチ高原 
岡谷ICからR20号塩尻方面 東山経由約15km 自動車でおよそ45分。
塩尻ICから 県道63号 崖の湯経由約14.5km 自動車でおよそ45分。

秋晴れ、高ボッチ高原に出かけて、素晴しい眺望に出会えました。
手前に松本盆地。遠く穂高連峰・槍ヶ岳・常念岳が目の前に、左手には乗鞍岳。右手は白馬連峰。空が広く近く感じます。
高ボッチ高原・鉢伏山共にレンゲツツジの時期にしか訪れることはありませんでしたがこんな秋晴れの日に来るのも良いなと思いました。

 [2012年09月25日(火)] 白駒の池-3 
一番紅葉が進んでいた木です。
山荘のドウダンツツジが紅葉し始めていたのでもう少し、色付いているのでは…と期待をしていましたが、これからこれからといった感じ。
一周約30分で回れますが、木材で作った遊歩道?が朽ちている場所があるので気をつけて歩いてください。
この日も5・6組の方とすれ違いました。10月の6・7・8日あたりは駐車場に入るのに列が出来るかもしれません。

 [2012年09月25日(火)] 白駒の池-2 
山荘〜約16km 車でおおよそ35分位。国道299号線を八千穂方面へ進むと、白駒の池駐車場があります。駐車料金500円

駐車場に入って気がついたのは有料トイレ(50円)になっていたことでした。いつからだったのでしょうまったく気がつきませんでした。

そこから約10〜15分、目の前に広がる苔むした林の中を歩きます。恐竜が出てきてもおかしくなさそうな原生林です。

 [2012年09月25日(火)] 白駒の池-1 
山荘周辺で一番紅葉の早く訪れる場所です。
標高2,115mにある白駒池は、日本の標高2,000m以上にある池では最大の池です。

山荘がOPENした2000年頃は9月末に紅葉のピークを迎えていましたが、温暖化の影響か、10月にはいってから紅葉の見頃がやってきます。

長野県内の紅葉情報で色付き始めとの情報があり出かけてみました。

 [2012年09月24日(月) 15:00 17℃] 山荘の実り 
ロータリーのドウダンツツジが少しづつ色づき始めました。
栗も爆ぜ始め、そろそろ栗拾いが出来そうです。
駐車場に立つとこつんと頭の上に降ってくる事もありそうです。
…ただし、イガにはご注意くださいませ。

山栗は小さいけれどお味は良いですよ!
栗拾いにいらしてください。

 [2012年09月18日(火)] 秋満喫 
草紅葉
湿原の中は赤茶色に紅葉しています。湿原の大きさが分かりやすいですね。

歩き始めた時の空は3分の1は青かったのですが、どんどん雲が多くなってきました。少し急いだほうが良いかしら…。

写真を撮りながらゆっくり一周歩いて2時間弱。普通に歩くと1時間30分。
気持ちの良い秋の散策でした。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50 P51
[編集]
CGI-design