HOMEトヨタ車体蓼科山荘の日記ページへようこそ!
 [2010年9月19日(日)] そば打ち体験会 
 今月のそば打ち体験会は2組10名様のご参加です。
お楽しみ体験は高原の蜂蜜を使った懐かしい駄菓子「きなこあめ」を作りました。帰りのおやつができました。
 3卓を使ってのそばを打ち体験。1卓はそば打ち初挑戦のご夫妻。2卓めは男の子チーム。3卓めは女の子チーム。
どのそばが一番美味しいかな?
 そろそろ新そばの季節が近づいてきました。毎月第3土曜日にご宿泊の方は、翌日自分で打ったそばをお昼にしませんか?お申込みお待ちしております。

 [2010年9月14日(火)] 緑のカーテン 
 この夏 山荘は、緑のカーテンエコ作戦で青い朝顔「ヘブンリーブルー」を育てました。
 標高の高い山荘で巧く育つか心配でしたが、8月お盆過ぎから、一輪 一輪と咲き出し思いの他りっぱに育ちました。
 ヘブンリーブルー(空色朝顔)は日本種の朝顔より花持ちが良くこの時期は夕方まで咲いています。
 花言葉は愛着
蓼科山荘は皆様方に愛着を持っていただけますよう、この朝顔をみならって頑張ります。

 [2010年8月31日(火)] 夏休み木工体験会終了 
今年度、最後の木工体験のお客様は素敵なご夫妻でした。

木工体験は子供のすることと思っていらっしゃる方もいますが、実は大人のほうが熱中しているようですよ。

今年もたくさんの作品に会えましたことをうれしく思います。
木工体験の片付けをする日には、ホールスタッフも作品を作る予定です。
作品は、来年展示… … …出来るような物が作れるかしら… … …。


 [2010年8月30日(月)] 夏休みたてしなエコツアー 
カレーのお味はいかがですか?
このお写真はご参加いただいたK様よりメールでいただきました。
大きな口でほおばってますね。美味しいですか?
夏野菜がたくさん入ったカレーです。

2泊3日 自然と遊んだエコツアー楽しかったですか?
夏休みの素敵な思い出になったかな?
山荘スタッフはみんなからたくさん元気をもらいました。ありがとうございました。

 [2010年8月30日(月)] 夏休みたてしなエコツアー 
さて、お昼ご飯を作りますよ!
お父さん・お母さん方は子供さんのフォローをお願いします。

手前のかまどでは飯盒でご飯を炊き始めました。
奥のテントではカレーやサラダのを準備。野菜を洗ったり、材料を切っています。
お家でご飯を作るお手伝いしてる人?ハーイp(*´ω')ノ゚・・・じゃぁ頑張っておいしいカレーを作ろうね。

 [2010年8月30日(月)] 夏休みたてしなエコツアー 
バイキングで朝ご飯をとった後、9:00から工房で木工体験をしました。
冬、雪の重さで倒れた白樺の木や山荘周辺で拾った松ぼっくりを材料に用意しています。
ホットボンドで自由に組み合わせて作ってください。

参加者全員が真剣そのもの、夢中で作品を作っていました。
素敵な作品がたくさん(*'v'd)*◇*――。紹介しきれないのが残念です。


 [2010年8月30日(月)] 夏休みたてしなエコツアー 
2日目は7:00に子供チームだけ玄関集合です。
昨日のハイキングの疲れも見えず、子供さん達は元気いっぱい。
ラジオ体操をした後、リスと小鳥の餌をやりにワイワイウォーキングに出発。
お父さんお母さんはお部屋からお子様の様子を見学。
「おはようございます。」元気な朝のごあいさつをしながら、樫くるみとひまわりの種をえさ台に配って回りました。リリさん朝ご飯の時間ですよ。

山荘では外国産の樫くるみをリスの餌用に買っていますが、最近種屋さんに入荷が無くなってしまいました。入荷が無い理由は樫くるみから違う植物の栽培に転作してしまっているんですって。。。。。

 [2010年08月29日(日)] 夏休みたてしなエコツアー 
360度のパノラマ。車山山頂へようこそ。車山気象レーダー観測所が迎えてくれました。

暑い一日でしたが、涼しい風が頑張りましたねと額の汗を乾かしてくれます。

「あっ富士山が見える!!!」

遠く八ヶ岳の横の雲の中から富士山の頭が見えました。

 [2010年08月29日(日)] 夏休みたてしなエコツアー 
次は車山肩から車山山頂を目指して、ハイキングに出発。

登りはおおよそ40分の道のり、急がなくていいんです。ゆっくりゆっくり足場を確かめて登りましょう。

登り始めて15分弱。みんな元気です。
「お〜おい 頑張れ〜」

 [2010年08月29日(日)] 夏休みたてしなエコツアー 
お昼の後は、4つのグループに分かれて、八島湿原をインタープリター(自然解説員)とガイドウォークに出発。
12,000年の歴史、人間にたとえれば100才を超えている八島ヶ原湿原は降雨量の減少などに伴い乾燥化が進んでいますが、多くの動植物・鳥・昆虫の観察ができる自然の宝庫なのです。八島ヶ原湿原の大切さ・自然の大切さを教えていただきました。

写真:黒耀石の説明を受けている様子。(長野県霧ヶ峰周辺や和田峠で採れるガラス質の黒い石。先史時代割ってやじり、槍の穂先などの石器と使用された。)

 [2010年08月29日(日)] 夏休みたてしなエコツアー 
高原や湿原に足を運び「自然の役割」「自然の大切さ」を実感しましょう!と社会貢献グループ主催のエコツアーが行われました。
バスは8:30富士松バスロータリーを出発。
山荘スタッフは八島湿原で山荘特製のおにぎりを持って合流です。

「こんにちは、宜しくお願いいたします」「美味しいお昼を持ってきましたよ。」「お昼の場所はお弁当広場はこっちです。」

 [2010年08月22日(日)] ブルーベリー 
今月4日に書きましたブルーベリーですが、小鳥に食べられることも無く、みごとに熟しました。
さて…この10粒食べても良いかなぁ…?
今にも落ちてしまいそうに大きく実ったブルーベリーは私を誘惑しています。おいしいよ。食べごろよ。と…

そこをぐっと我慢して自然にまかせることにしました。だって落ちた実からまた芽が出るかもしれないし(⌒▽⌒) ♪   とらぬ狸のなんとやら…

 [2010年08月19日(木)] 夏の一夜の思い出 
お客様から花火をしたいんですとのお話。

良いですとも良いですとも。お水の入ったバケツと着火道具を貸し出しいたします。場所は玄関前、ロータリーでお願いします。
やけどには注意して花火を楽しんでくだい。あと、お片づけもお願いしますね。
この日は花火大会というほどたくさんの花火のお申し出がありました。
山荘での花火。楽しい夏の思い出になると良いな。
この日事務所にいたスタッフは夏の香りに燻されたのでした。笑

 [2010年08月07日(土)] 夏休み木工体験 
木工体験の作品です。
アクリル絵の具できれいにペイント。可愛い作品に仕上がりましたね。


今日のチェックインから夏期連休のご当選者の皆様のご来館。ここのところ連日賑やかな山荘ですが、もっと賑やかくなりそうです。
たくさんの皆様の来館がとても楽しみな毎日です。

 [2010年08月04日(水)] ブルーベリー 
山荘のブルーベリーが実をつけました。

お客様が育たなくてもいいからと植樹された木に青い果実が10粒。

信州ではブルーベリー狩りのシーズン真っ只中。

このまま 鳥にも食べられず、虫にも食べられず、熟すと良いなあ。

 [2010年08月01日(日)] オカトラノオ 
先の方が垂れ下がった花穂(かすい)を虎の尻尾に見立ててつけられた名前だそうです。

この白い花が咲くと夏だなぁ と… 思う花の1つです。
今日もセミが元気に鳴いています。

山荘スタッフは暑い暑いを口にしていますが、チェックインされたお客様からは、愛知に比べたら天国よ!と。高原の風は涼しいのです。

 [2010年07月28日(水)] チロルの森 
今度は遊びのエリアへ移動しました。芝すべりに挑戦です。
ソリを30分間(300円)レンタルして人工芝の敷きつめられたゲレンデをすべります。
ここでは3才の女の子が頑張りました。お母さんは坂の上で待っています。
「すべりたかったら、自分であがってきなさい」
自分より大きなソリを頭にのせ写真右手の階段をのぼって行きます。
お兄ちゃんは30分たたずにギブアップ。妹さんは30分遊びきりました。すごいガッツでしょ!
2時間程、ご一緒しましたお時間はとても楽しいものでした。私もついつい大きい子供になって遊んでしいました。

 [2010年07月28日(水)] チロルの森 
まずは、動物ふれあい広場に向かいました。
あらら びっくり。昨晩山荘にお泊りのお客様が遊んでいらっしゃいました。
「こんにちわ」「今馬に乗ったんだよ」「一足遅かったか…」

お兄ちゃんはわんぱくざかり、アヒルと追いかけっこ。まさにふれあい?アヒルの方は逃げるのに必死だったに違いありません。
他にヤギやうさぎにふれ、餌をあげて、「みんな生きている」を感じていたら良いなぁと思いました。

 [2010年07月28日(水)] チロルの森 
塩尻市農業公園 チロルの森は今ラベンダーや色とりどりの花が咲き乱れ夏らしい雰囲気たっぷり。まるでおとぎの国。
夏休みに入ったばかりの家族連れが次々と入園してきていました。

夏休み期間は楽しいイベントが目白押し。
動物ふれあい広場・ワインとまきばの丘・あそびのエリア・味の散歩道 と4つのエリアからなる総合公園です。
山荘から中央道・諏訪IC/長野道・岡谷ICを使っておよそ42km 50分。この夏のお出かけにいかがでしょう?

 [2010年07月23日(金)] ニッコウキスゲ 
そろそろニッコウキスゲが満開の頃かしら?と車山、霧が峰へでかけました。あらら?ニッコウキスゲの花が無い。異常に少ない。
新聞発表で春先の天候不順などが影響して開花が例年より1週間ほど遅れ、ニホンジカによる食害、7月上旬の多雨と日照不足による生育不良も重なり、花の量は「昨年の1割ほど。過去数十年でも一番少ないのでは」との記事。
待ち焦がれた黄色いじゅうたんは今年は見られそうにありません。ニッコウキスゲは残念でしたが、この時期の高原は、百花繚乱。ヤナギランが咲き始め、アカバナシモツケの群生は見事。爽やかな高原の散策を楽しんできました。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50
[編集]
CGI-design