HOMEトヨタ車体蓼科山荘の日記ページへようこそ!
 [2012年08月22日(水)] 上田 おまけ 
信濃デッサン館/前山寺散策で何回も猫に遭遇しました。
このネコさん門の裏で気持ちよさそうにお昼寝をしていました。
カメラを向け、フラッシュをたいても目を開ける事はありません。
寺の町は猫の町???と勝手に思ったでした。

この後、中禅寺→塩田の館北条庵で名物「里帰りそば」に惹かれましたが、営業は11時〜14時。夕方からの営業はないようでした。
塩田平だけでもゆっくり観光すると1日かかりそうです。

 [2012年08月22日(水)] 信州の鎌倉 塩田平から望む 
上田駅から別所温泉までの別所線の沿線一帯を塩田平と言います。
鎌倉時代から室町時代の中世の文化財が多く残され、「信州の鎌倉」と呼ばれています。
生島足島(いくしまたるしま)神社(信州では珍しい赤い鳥居の神社)、前山寺、安楽寺、中禅寺、大法寺などの古社寺が多く、平日でも観光に訪れる人が多くなってきています。

 [2012年08月22日(水)] 上田市 信濃デッサン館 
信濃デッサン館
1979年(昭和54年)に窪島誠一郎によって設立された。村山槐多、関根正二、野田英夫、靉光など若くして亡くなった夭折の画家の作品が展示されている。
ツタの絡まる雰囲気のある美術館。

入口横の氷旗につられ、休憩。見学は外観だけ、入館しませんでした。(;´▽`A``.


 [2012年08月22日(水)] 無言館別館 「傷ついた画布のドーム」 
気温40℃ 真夏日です。草いきれの中、蝉が激しく鳴いています。
何となく今日訪れることができて良かったと思いました。

無機質なコンクリート打ちっぱなしの壁。額からは汗が流れ落ちます。
こじんまりとした展示場にぎっしり作品が並べられていました。
写真は別館「傷ついた画布のドーム」。こちらには天井にもデッサンが貼られています。

口をつぐめ、眸をあけよ
見えないものを見、きこえぬ声をきくために    −窪島誠一郎−

 [2012年08月22日(水)] 上田市 戦没画学生慰霊美術館「無言館」 
ここのところ続けてお客様から上田観光のお話がありました。
よし、上田に行ってみよう!
まずは上田駅近くの池波正太郎真田太平記館を目指しました。。。えっ 休館。。。下調べは必要ですね。。。
お昼替わりに 富士アイスで志”まん焼き(自慢焼き/今川焼きのようなもの)。
甘くなく素朴な味です。少し重曹の味もするかしら?
そういえば岡谷にもグループ店があります。本店は甲府。

気を取り直して、一番お問い合せのありました無言館に行ってきました。
第二次世界大戦中、志半ばで戦場に散った画学生たちの残した絵画や作品、イーゼルなどの愛用品を収蔵、展示している美術館です。
山荘から50km弱 約1時間30分。無言館・傷ついた画布のドーム2館の入館料1,000円

 [2012年08月18日(木)] 夏祭り 
希望者太鼓演奏。

演奏以上に楽しそうなのが連打。
力を込めて ダダダダダと太鼓を鳴らします。
写真は決めのポーズ。 いよー ドン。

ありがとうございました。

 [2012年08月18日(木)] 夏祭り 
希望者太鼓演奏。

どんかか どんかかのリズムは「村祭り」の伴奏になるそうです。

村の鎮守の神様の〜♪ 今日はめでたいおまつり日
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
山荘から聞こえる太鼓演奏♪ (字あまり)

 [2012年08月18日(木)] 夏祭り 
紹介演目:神鼓雷

演奏会最終日の今日の演者は女性がメインではありますが、歯を食いしばり魂を込めて太鼓を打ち鳴らすと、前の席では振動が伝わってきました。

演目通り、雷が落ちるが如く天地を揺るがす大迫力でした。



 [2012年08月18日(木)] 青色朝顔 
今年も青色朝顔が咲きだしました。花の数が少ない。。。
残念なことに花芽を鹿に食べられてしまいました。おそるべし鹿の食欲。

そして気がついたことが…今年の夏はセミが鳴きません。
暑い日もありましたが、例年より涼しい夏だからでしょうか?

 [2012年08月16日(木)] 夏祭り 
紹介演目:御柱木遣り太鼓

天下の奇祭「御柱祭」は、大規模なまつり内容、豪快な行事の数々で知られます。その祭りに欠かせない唄として歌われてきた「木遣り唄」からスタート。

わぁ〜ぁぁぁぃ
木遣りにマネージャー登場。ヽ(*゚O゚) ノ  ビックリ!!!

「ヤァ〜 山の神様よ〜 お願いだ〜」 「オー」

 [2012年08月16日(木)] 夏祭り 
希望者太鼓演奏。

リズム感が良いですね。
乱れ打ち後のキメ バシッと決まってかっこ良かったですよ。

 [2012年08月16日(木)] 夏祭り 
2鵑伴柴發派颪辰討りました「龍神の舞」 ゲ鵑浪鯵阿任良颪い砲覆蠅泙后

煙幕を吐く龍神様の大迫力。

二匹で何を語っているのでしょうか?

 [2012年08月16日(木)14:00 気温31℃] ピクニックコーン 
この季節のお土産で人気のとうもろこし。一番人気の品種は「味来」。
その「味来」より甘くて、美味しい、小ぶりで食べやすいと最近話題のとうもろこし。
TVでも紹介された新しい品種 「ピクニックコーン」
食べ方
とうもろこしの皮を1枚ほど残し、電子レンジで約3分。暑い季節に火を使わず簡単です。
食べ方
皮をむき、少量の水をつけラップに包み、電子レンジで約3分。冷まして冷蔵庫で冷やして食べると あら 甘い。
生で食べることもできますが、やはり加熱をした方が美味しく感じました。
店舗で見つけましたら、お試しあれ!

どの品種でも、とうもろこしは収穫から24時間で甘さが半分になります。
お買い求め/収穫後は早めにお召し上がりください。

 [2012年08月14日(火)] 夏祭り 
続いての演目は「神龍の舞」
諏訪大社の龍神様の舞です。
緑の龍神は「建御名方命(たけみなかたのみこと)」
赤茶の龍神は奥さんの「八坂刀売命(やさかとめのみこと)」

民話【信濃には神無月が無い】
 旧暦の10月は、日本中の神々が出雲の国に集まり会議を行うため、その土地の神が不在になることから神無月と呼ばれています。
 古来から出雲地方の人々だけは10月を神在月と呼んできました。
 ところが、日本にはもう一ヶ所神無月に神様がお留守にならない地があるのです。それが諏訪大社です。
 諏訪大社は昔 諏訪明神と呼ばれていました。そして明神様は竜の姿をしていると伝えられています。大変大きな竜で、出雲に集まった神様にどのくらい大きいのかと聞かれ「体が出雲の社を7巻半して、尾はまだ諏訪湖の高い木にかかっている」と答えました。
その大きさに驚いた神様たちは、それでは出雲まで来るのは大変だろうから会議に来なくて良いよ、と言ってくれたのだそうです。それで諏訪明神様は10月も諏訪においでなのです。

 [2012年08月14日(火)] 夏祭り 
希望者太鼓演奏。

太鼓の先生ととうやくん。
二人の視線が気になりますね。

 [2012年08月14日(火)] 夏祭り 
夏祭り 諏訪神太鼓演奏会3回目。

紹介演目は神鼓金獅子神楽の続きから。
金獅子2匹が客席に擦り寄って行くと、舞台と客席が一体になります。

魂を感じる金獅子の舞、動物らしい動き。
フガーと息をすると白いタテガミが揺れます。

 [2012年08月14日(火)] ツーリング 
2泊3日で信州満喫ツーリング。
最終日、雨が降ってきたので山荘によろう!とお立ち寄りいただきました。
コーヒーを1杯。雨宿り。
山荘を出発する頃には雨が止みました。
晴れ男の長老VS雨男1名だそうで、バイクに跨ると陽が差してきました。
この軍配は長老の勝ちのようですね。
気をつけてお帰りくださいませ。

 [2012年08月12日(日)] 夏祭り 
希望者太鼓演奏。

楽しそうでしょ。
「ドンカカ ドンカカ ドンカカカ…」

 [2012年08月12日(日)] 夏祭り 
夏祭り 諏訪神太鼓演奏会2回目。

今日の紹介演目は神鼓金獅子神楽。
最初にひょっとこさんが登場。太鼓の音に合わせて滑稽な舞を披露します。
次に金獅子2匹が登場。舞いながら子供さんの頭をカプッ、泣き出す子はいません。床を擦るほどに頭をさげ擦り寄ってくる様子、耳をピョコピョコと動かす様はなんとも可愛く感じました。

 [2012年08月11日(土)] 夏祭り 
毎回、希望者も太鼓を叩けます。

恥ずかしがらないでご参加くださいませ。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16 P17 P18 P19 P20 P21 P22 P23 P24 P25 P26 P27 P28 P29 P30 P31 P32 P33 P34 P35 P36 P37 P38 P39 P40 P41 P42 P43 P44 P45 P46 P47 P48 P49 P50
[編集]
CGI-design